映画「ミッションインポッシブル」あらすじ

イーサンハント演じるトムクルーズが、IMFのメンバーと組んで秘密のミッションに挑戦するのだが、このミッションはいつもと違った。皆で計画を練って挑んだが、どんどんメンバーが殺されていく。上司も殺される映像が出て助けにいったが、川に落ちて死んでしまったようだ。上司の奥さんのメンバーのうちの色気のあるクレアのエマニュエルベアールが本当に美しい妻役。皆このミッションで死んでしまい、イーサンとクレアだけ残ってしまい。IMFで上司のキトリッジがイーサンを反逆者としてとらえようとする。でも危機一髪で逃げるイーサン。そして自分一人でこの仲間を殺した犯人と、奪われたエージェントのファイルを取り戻そうと翻弄する。イーサンは仲間と失敗したときには16時にここへという所へもどって、疲れて眠ってしまう。そこへクレアが帰ってくる。誰も信じられないイーサンはクレアを疑う。でもここへ16時といったじゃないと涙目のクレアを信じる。クレアの紹介したクリーガーとイーサンの信用している機械のプロの仲間の一人の四人でこの難解なミッションに挑む。ファイルを盗むのにアクロバティックなことをやってのける。そしてファイルを入手します。それをもって汽車で待ち合わせでまたここで凄いアクションがはじまる。なんと犯人は死んだと思われていたクレアの旦那だった。夫婦でお金の為にエージェントの情報を流していた。イーサンは本当の真実に。クレアを信じ愛し始めていたのに。クレアは旦那に殺され怒るイーサン最後のアクションで、悪役は全滅です。ミッションクリアです。

映画「ミッションインポッシブル」感想

このアクションが凄まじく、ストレスもふっとぶほどの爽快なトム・クルーズのアクションで、面白くわくわくします。何度見ても面白く、何度見たかというくらい見ました。
この音楽もものすごくいいです。この音楽をきくとミッションインポッシブルを思い浮かべられて、イーサンハントのきびきびした動きを思いだし。私も毎日だらだらしていたらいけないとリズムよく暮らしていきたいと、背筋がピンとします。やはり正義が大事だな、と悪いことはまかり通らないだなとおもいます。日々の生活の刺激になるいいアクション映画だと思います。トム・クルーズの若き日の美しい瞳の感じ。これはスターという顔つき、演技どれも超一流の人だと感じます。この映画は出てきたときはみんな度肝を抜かれたと思います。そして製作費もかなりかかっている気がします。これからまだ続編を期待できる作品となったと思います。実際何作もできていてみんなアクションと言えばこれかなと思います。